龍 ザ・ライトパーラー

目の前に飛び込んできたり 出会ったり 感じたりしたこと、私にとっての事実をそのまま書いています。馬鹿げた話と思われるかもしれませんが………。

久々に本を手に取る

久しぶりに前に買った本を読み直すって

よくあることですね。

あの時にわからなかったことが今わかる!

確認作業(^^)

この本は本当に勉強になりますね。

僕は誰かについて勉強するってして来たことがなく…

我流を気取っていましたが、今、先輩方について

教えていただく事が、今本当にありがたいです。

というのも自己流だけでは……

でも、いろいろと自分が思っていた事や気づいた事が

間違っていなかったと確認できる。

さらにそれがどうしてかとも理解でき…まだまだ勉強中です…もちろん

何がって…もちろんスピリチュアルな事や物理学や地球のこと宇宙のこと

こういうことを勉強しだして…いろいろ感じる中で

スピリチュアルを社会からの隠れ家に使っているな〜っと

感じる方々がいるのを感じます。

こんなこともこの本に書いています。

「私は正しい!」スピリチュアルを暴走する自我の盾にするために使う

人が増えている。「私は正しい。なぜなら私はスピリチュアルだから」

というような考え方です。実は一番スピリチュアルな世界にいていただきたくない方が

意外とスピリチュアルな世界にたくさんいます。それでまたいろいろ問題を起こします。

。。。。など。。。

この三次元にいかに落とし込むか!それは、自分の内面の成長も同じこと。

スピリチュアルは自分と社会とを区別するのに使うものではないと思います。