龍 ザ・ライトパーラー

目の前に飛び込んできたり 出会ったり 感じたりしたこと、私にとっての事実をそのまま書いています。馬鹿げた話と思われるかもしれませんが………。

イワナガ比売

謎多き比売はたくさんおられますね。

その中でもなかなか書にも見当たらない

イワナガ比売。

あちらこちらに祀られている話は目にします

八ヶ岳の磐座とか京都の貴船神社の貴船山

あまり知られていませんが和歌山市にある中言神社に祀られていましたが、別の神様に変えられています。

『イワとナーガ 』ナーガは蛇神

丹生都比売も蛇神族

宇宙考古学よりますと その昔 宇宙では蛇族と龍族の争いがあったらしく 蛇族は地球に逃げてきて 龍族が追いかけてきたそうです。

争いの内容はわからないですが…

蛇族は地球の中に隠れたと…

蛇も龍も『水』

ここでこんな話が天之御中主は両性


イザナギは水素とヘリウムで核融合で太陽とか…

イザナミは水素とヘリウムは地球の中で核融合して水を沸騰させマグマを作るとか…

話は脱線しましたが

地球の中に隠れた蛇族は言わば地球の女神

イワナガ比売は地球の女神

八ヶ岳と同じく 貴船山と鞍馬山も宇宙と繋がっている場所のようです。

高次元と繋がる場所ですね。

あちらこちらにあるでしょうね。

自分達が生きている この三次元の物質社会は

ある意味 高次元な社会の監獄かもしれまんね

肉体と意識の繋がる大事な瞬間のところに

イワナガ比売の秘密があるんですかね〜